タクシーに搭載される低濃度オゾン発生器とは?効果や補助金制度について解説

ニューノーマルタクシーの一つとして、国際自動車グループによる、低濃度オゾン発生器を搭載するタクシーが現れました。ここでは、タクシーに搭載される低濃度オゾン発生器に関する効果や補助金制度について解説していきます。

タクシーに搭載される低濃度オゾン発生器の効果とは?

タクシーの低濃度オゾン発生器は、JVCケンウッド社が開発した、「CAX-DS01」という製品で、タクシー向けとしてダッシュボードに設置することが可能です。

低濃度オゾン発生器を使用すれば、ウイルスやにおいを抑制する効果があります。コロナ放電により、低濃度オゾンとイオンを生成し、放出するメカニズムになっています。

低濃度オゾン発生器搭載による補助金制度

国土交通省では、バスやタクシーなど二種事業者に対して、一定の条件をクリアすることで車両装備費補助金を支給しており、この低濃度オゾン発生器も補助金対象となっています。

まとめ

タクシー業界において、近年注目されているニューノーマルタクシーですが、時代に合わせて常に進化を続けています。低濃度オゾン発生器についても例外ではなく、このような新しい設備やサービスを導入するタクシーが今後増えていくことでしょう。