車種のラインナップが多いタクシー会社のメリットとデメリットとは?

街中で走っているタクシーを見てみると、一般的なセダン型に加え、ワゴン型やワンボックス型などを見かけることがあります。ここでは、タクシーの車両の車種が多いタクシー会社にとって、車種のラインナップが多いことによるメリットとデメリットについて解説します

車両の車種が多いタクシー会社のメリットとデメリットとは?

まずはタクシーの車両の車種が多い場合のメリットについてですが、これには営業活動が広がるというメリットがあります。お客様から7人乗りたいと要望があった場合は、セダン型のタクシーでは乗車不可能です。このようなケースでは、ワンボックス型の車種を保有していれば、お客様からの要望に応えることができます。

続いて、デメリットについてですが、タクシードライバーとしてのデメリットとして、車種の選択が入社後はじめのうちはできない点です。例えばワンボックス型を運転したいと思っても、希望が通らないケースが多いのが実情です。

まとめ

タクシーの車種が多いことで、幅広いお客様の要望に応えることができます。一方で、タクシードライバー視点でのデメリットもあります。そして、どんな車種であれ、お客様を安全かつ快適に目的地に送り届けることが命題となるため、タクシードライバーとしてこのことを念頭に置き、心づもりしておきましょう。