タクシーが自動運転化されるとどうなる?タクシードライバーの雇用について解説

自動車の自動運転化は、着々と現実味を帯びてきています。お客様を乗せるタクシーは、自動運転化が進むとどうなるのでしょうか。ここでは、タクシーの自動運転化によるドライバーの雇用事情について解説していきます。

タクシーの自動運転化によるタクシードライバーの雇用事情は?

タクシーの自動運転化が進んだ場合、タクシードライバーは一体どうなってしまうのかと懸念されている方も多いのではないでしょうか。今後タクシードライバーへの転職を考えている方にとっては、かなりナイーブな問題となります。

結論からいえば、タクシーの自動運転化が進んでも、乗務員は必要であるということです。タクシーは道路を走行し、かつ接遇がともないます。また、安全面についても考慮しなければなりません。

そのため、タクシーの自動運転化が進んでも、ドライバーは必要であるため、当面はタクシードライバーの雇用には影響ないといえます。

タクシーの自動運転化は、ホンダモビリティソリューションズが自動運転モビリティサービスの展開を目指しています。これは、乗務員が不要な完全なる自動運転化とは別の話です。
現代のテクノロジーにおいては、タクシーの自動運転化が進んでもドライバーは必要です。

まとめ

タクシーの自動運転化が進んでも、タクシードライバーの雇用には当面影響はありません。時代が大きく変革し、タクシーの完全自動運転が実現しない限りは、タクシードライバーは世の中に必要とされることでしょう。