タクシーの運転はマイカーとはちがう?タクシードライバーが入社前にやっておくべきこと

タクシーの運転はマイカーの運転と勝手がちがうといわれています。ここでは、タクシーの運転とマイカーの運転のちがいや、タクシードライバーを志す人が入社前にやっておくべきことについて解説をしていきます。

タクシーの運転はマイカーとどう違う?

タクシーの運転は、会ったことのないお客様を乗せてお金をいただくため、マイカーの運転とは勝手が異なります。具体的には以下のような点がマイカーの運転と異なります。

・走行しながらお客様を探す必要がある
・知らない道も走る場合がある
・疲労や眠気に打ち勝つ必要がある
・狭い道も通らないといけない場合がある
・お客様とコミュニケーションをとりながら走行しなければならない
・お客様から急いでほしいといわれることがある

このように、マイカーと違ってタクシーの運転では、上記のようなことが加わるので、はじめのうちは慣れるまで大変かもしれません。

タクシードライバーになりたい人が入社前にやるべきこと

タクシードライバーになりたい人は、入社前にどのようなことを準備しておくべきでしょうか?

・運転の練習をしっかりと行い経験を増やす
・タクシーに乗客として乗ってみる

運転は経験がものをいいます。タクシー運転手にならなければ、とにかく経験を積む気持ちで運転の練習をすることが大切です。

また、タクシーに乗客として乗って、先輩ドライバーにアドバイスしてもらうことも大切です。

まとめ

タクシーの運転はマイカーの運転と勝手がちがうことについて理解いただけたでしょうか。タクシードライバーを志している方は、マイカーとのちがいについても認識し、経験を積んで安心してお客様を乗せられるタクシードライバーを目指していきましょう。