コラム

タクシーのアイドリングストップの重要性

アイドリングストップとは、赤信号や乗客を待っている間など停車するタイミングでエンジンを停止することです。

昔のタクシーは停車中にエンジンを切ることがほとんどありませんでした。
これは、エンジンを切ると無線が使えない、お客さんが来た時に社内が適温になっていないなどの理由からです。

しかし、近年ではタクシーにアイドリングストップ機能が搭載しており、アイドリングストップ中も無線や空調などの必要な機能が使えるようになっており、高性能になっています。

アイドリングストップには、燃費の向上や排出ガスの削減などメリットが多く、タクシーの経費削減にも大きく貢献しています。
もちろん環境負荷率も低くなり、アイドリングストップが持つ重要性は年々高まってきています。

最近では、環境問題に意識の高いお客さんも多く、アイドリングストップなど環境に配慮したタクシーを意図的に選ぶ人も少なくありません。