コラム

なぜ東京のタクシー運転手は平均年収が高いのか

全国ハイヤー・タクシー連合会調べによると、令和2年の東京でタクシー運転手をしている人の平均年収は約338万円です
これは、全国のタクシー運転手の平均年収で最も高くなっています。
では、なぜ東京のタクシー運転手は平均年収が高いのか解説していきます。
・人の流れが多い
東京は人口だけでなく、外からも沢山の人が流れています。
特に23区はオフィスが多く、なかでも港区は企業の本社が数多くあるためタクシーを使う人が多いです。

・自家用車を持っている人が少ない
東京は公共交通機関が発展しており、車が無くとも不便さを感じません。
しかし、バスや電車が走っていない時間帯はタクシーの需要が増えます。
地方の場合は来るまでの移動をメインにしている人が多いため、タクシーの需要は東京都と比較して少なくなってしまいます。

・観光客が多い
東京には毎年多くの観光客が訪れます。
電車やバスは充実していますが、慣れていないと目的地に行くだけで一苦労です。
その点タクシーは目的地を伝えることで移動できるため、観光客には重宝されます。